ニンニク注射で鬱が回復?

普段の生活の中で、健康に気をつかう人は多くいます。
バランスのよい食事を心がけたり、毎日の生活に適度な運動を取り入れるなどしています。
それでも疲れが溜まってしまう場合もあり、マッサージに通ったり、針をうつなどしてもらう場合もあります。
中でも、疲労回復に効果があるとされるニンニク注射を利用する人たちも多くいます。
スポーツ選手なども利用しているとして、一時期テレビや雑誌等でも取り上げられています。
精神的に塞ぎがちな鬱などの症状がある人にも効果があるといわれています。

 ニンニク注射は、美容クリニックなどでも扱っていますので、手軽に試してみる事ができます。
ニンニクという言葉を使用しているので、ニンニクエキスをそのまま注射するイメージをもってしまう人も多いですが、ニンニクを摩り下ろしたエキスなどを使用する訳ではありません。
ニンニクには、アリシンという成分が含まれています。
ニンニク独特の臭いの成分でもありますが、その成分を含むビタミンB1などの液剤を注射で摂取する形になります。
そのため、ニンニク注射をする時には、同じ様な臭いが発生している場合があります。
ビタミンB1などは、疲労回復にいいとされているので、サプリなどで利用している人も多く見受けられます。
アリシンは、このビタミンB1の吸収をよくして、持続性を高め、新陳代謝を促します。

 ニンニク注射が鬱の人にもいいとされるのは、このためです。
鬱の人には、精神的な疲労、肉体的な疲労ともにあると考えた場合、ニンニク注射を打つ事で、疲労回復をはかります。
その上で、鬱の症状が回復していく経過を観察しながら、改善へと導いていく方法です。
ニンイク注射は、疲労回復効果が高いとされているので、疲れやだるさ、倦怠感症状などがある場合に利用されています。